ブラウザから操作が出来るグループウェア

企業は、企業規模と業務によって数多くの部署やチームに分かれて、業務が進行しています。

部署やチームが多いほど、従業員のスケジュール管理と共有、コミュニケーションを図る必要があります。

All Aboutに関する情報が閲覧できます。

これらを視覚的に表示出来るソフトウェアがグループウェアです。

グループウェアを使う事によって、従業員のスケジュールを知る事ができ、一日の業務の分担をどのように行っていくのかを考慮する事が可能です。グループウェアは、従来、サーバにインストールするタイプが主流でしたが、このタイプの場合、ソフトウェアを利用する企業がサーバを用意してソフトウェアをインストールする必要がありました。



最近では、クラウドタイプのグループウェアの利用が広がってきた事によって、ブラウザから管理画面を開いて、いつでも使えるようになっています。



サービスを提供している業者のほとんどがクラウドサービスとして提供していますので、利用する企業は、利用登録を行ってアカウントを取得する事によって、様々な機能を利用出来るようになります。

利用料金は、月額利用基本料金と1アカウント当たりの料金に利用人数を乗じた額となりますので、サーバを導入して専用のソフトウェアをインストールするよりもコストを掛けずに、グループウェアの機能が使えます。

光回線などバックボーンが強化されていますので、ストレスを感じずに、デスクトップアプリケーションのように使う事が可能です。


スマートフォンなどからも使えますので、利便性が高いのも利点です。